読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GIRL POWER BLOG

外国かぶれ気味ウーマンが書くブログ。ファッションや美容など、グローバルな視点(たぶん)でお届け。

ハッピーライフへの近道!幸せのハードルを下げてみる

最近寝ても寝ても眠い…。

こんにちは、ニコルです。

梅雨ですね!こんな季節のモーニングラッシュはたまったものじゃありません。密度も高ければ湿度も高い。一限がある日は少し憂鬱…少しでも気分も上げようと音楽聴いてがんばっています。

 

 

単なる思い込みだとは思うんですが、6月は何か上手くいかないことがちょくちょくおこるので、あまり好きではないのです。気温の差も大きいし、雨もたくさん降るし、なんかだかどんよーりしている日が多いような。気分も下がってしまうし、体調を崩すことが多いのも6月なんですよね。何しろやる気がでません。というわけで、6月は私にとっては少しやっかいな月なわけなのです。

 

この記事を読んでくださっている皆さんの中にも、6月はなんだかやる気が出ないわ〜と思っている方がいるのではないでしょうか。五月病ならぬ六月病というのも存在するらしいですし、きっと同じように感じている方が多いのかと思います。

 

ですが会社や学校をサボるわけにもいかないし、やらなきゃいけないこともたくさんあるし、そんな六月病なんかに負けてたまるかって思いまして、対策法を考えているうちに、ふと、原点に戻ろうとひらめいたわけです。

 

ここでの原点に戻るっていうのは、自分がどんなに恵まれていて、ラッキーなのか見つめ直してみるっていうこと。

そしてそのことにもう一度感謝してみるということです。

ご飯を食べられる、寝る場所がある…日本で暮らしている中で見過ごしがちな幸せって、まずはこの二つなんじゃないでしょうか。

 日本では当たり前のことだけど、好きなものを食べることができて、暖かいお布団で寝られるって、とてつもなく幸せなことですよね。まずはこのことに感謝!

 

そして次に、小さな幸せ探しをします。

人間って周りと比べがちだから、「私はあの人より頑張っているのに努力が報われない」「周りの友達は彼氏がいるのに、私はひとりぼっち」「私って可愛くない」「周りは出世しているのに自分はまだまだ…」とか色々思っちゃうんですよね!

そんなときって心ももやもやするし、ストレスが半端ない。自分にも余裕がないし、周りに優しくする余裕もなくなってしまう。そんな状況が続くと、心も体もクタクタに疲れきってしまいます。

 

そんなときに効果的なのが、幸せのハードルを下げること。

足りないこと・できないことなど、マイナスの面を見るのではなくて、あること・足りていること・できたこと、などプラスの面にフォーカスしていくんです。そして一つ一つに感謝していきます。

 

例えば、

・勉強できる環境にいる

・素敵な友達が周りにたくさんいる

・人から感謝された

・綺麗な花を見つけた

・人を笑顔にできた

・見守ってくれる人がいる

 

など、人によって様々だし、こういう小さな幸せって意外にたくさんあると思います。

オススメなのが、ノートに書き出す方法。忙しい毎日で自分を見失ないそうなときや落ち込んだときにみると、心が落ち着きますよ(^O^)

 

幸せは心の在り方ってよく言われるように、些細に思われることにさえ幸せだな〜恵まれてるな〜と思える人は、いつも幸せでいられるし、運も味方してくれます。

感謝上手な人ほど幸せってことですね♡

 

心も天気もどんよりしがちなこの季節、小さな幸せをたくさん見つけて、気分良く過ごしましょう♡

帰国子女っぽいファッション?

最近ビーサンで外を歩き回ってるため、周りの人に「ビーサン早くね?」「足元さむそー!!」と色々ツッコまれます。

 

こんにちは、ニコルです。

 

5月って昼間と夜の温度差が激しくて、着るものにとても悩みます。早く夏になってくれー。もう足元は夏を迎える準備はバッチリなのに…(笑)いや、ビーサンはまだ早いのはわかってるんです、実際夜とか寒ってなるし。街でもビーサンの人なんて全然見かけないし。でも留学生や帰国子女でごった返してる大学では、季節なんて関係ないんです。なんせ冬でもTシャツ1枚のツワモノがいるんですから。4月のよーく晴れた日なんか、ショーパンにキャミソールの子も何人か見かけました。サウナのような日本の夏を、彼女らは知らないのだろう。かわいそうに。と、見ず知らずの留学生の心配をしてしまいました(笑)

というわけで(?)、足元だけは真夏です。バイト先では冷えるので、靴下を持っていったりしてます(笑)そんなことするくらいならビーサンやめればいいじゃんと言われそうですが、さらっと履いて外出できてしまう楽ちんさはやめられませんね。

 

さて、今回は帰国子女によくみられるファッションスタイルについて書いていこうと思います。さっもお話ししたとおり、ニコルの通っている大学には帰国子女・留学生がわんさかいます。必然的にキャンパスには、どことなく外国的な雰囲気が漂っています。

ニコルは完全なる日本育ちの純ジャパニーズで、大学二年生くらいまではわりと日本人っぽいファッションをしていました。日本人っぽいっていっても、その定義は曖昧なのですが、たまに街で見るじゃないですか、「あなた絶対外国育ちでしょ」って感じの人。少なくともああいう感じではなかったわけです。ところが、快適さ・楽さを追求し始めた大学三年生のときから、初めて会う人に「帰国子女かと思った」と言われることが増えました。最初はなんだそりゃとも思ったわけですが、 確かに周りにいるリアル帰国子女をみればわかる気もするような。もちろん帰国子女といっても一概には言えずいろいろなタイプがいて、例えば文学部なんかには清楚系・お嬢様系の服をまとったタイプの子もたくさんいるわけです。しかし今回は、 一目見て「帰国子女かしら」と思われるようなファッションについて取り上げます(笑)

注:あくまでニコルの周りにいる子たちを参考にしているだけなので、すべての帰国子女がこれに当てはまるわけではありません。

 

  • ボトムスはスキニーかショーパンが多め

ボトムスはタイトなものをよく好んでいるよう。スキニーも中途半端にぴったりしているものではなく、思いっきりぴちぴちのを履いています。レギンスとジーンズを合わせたジェギングなんかも、ストレッチが効いていて履きやすいと思います。中でもAmerican Eagleのジェギングは愛用率高し。丈も短めとレギュラー(長い)で選べるし、レギンスを履いたときみたいに足首がキュッとなっていて、フィット感が抜群なんです。余分な生地のたるみがないから、脚全体が細くきれいに見えます。お尻の形もよく見えます。なんせ他のスキニーと比べて、(ジェギングだから)生地も柔らかいので、わりと長時間履いてても締め付け感がなく疲れにくいんです。ニコルも愛用しています。

そしてショーパンも中途半端な丈は脚が短く見えるのでNGです。短くて、ウエストにフィットしたものを履いている子が多いです。少しハイウエスト気味だとシャツをインしたときに脚が長く見えてかっこいいです。

 

  •  スカートならミニやタイトなもの

フレアスカートもかわいいですが、あまり履いている子を見かけません。お出かけとかでたまーに見るくらい。履くとしたら、ミニやタイトめの台形スカートとかでしょうか。

  • 基本的にラクさ重視、フラットシューズ率高め

特に大学ではラクちんなのが一番ですからね。アウトドア系ブランドのリュックにスキニーやショーパン、そしてスニーカーやフラットシューズ(夏はビーサン(笑))といった服装の子が多いです。移動が多い学校に高いヒールは疲れちゃいますからね。そのかわり休日のお出かけでは、綺麗なヒールの靴を履いている子も。オンとオフがはっきりしています。

 

  • トップスもピッタリめ

そうです、ボトムもトップスもピッタリなんです。クロップ丈でお腹出してる子もたまに見かけます。クロップ丈って言ってもそこまでがっつりじゃなくで、おへそが見えるか見えないかくらい。やや短めのトップスに、ざっくりカーデを羽織っていたり。カーデの代わりにパーカーを着るのもかわいいです。彼女たちは健康的な肌見せが上手だと思います。

 

  • 前髪はナシ、無造作なお団子ヘアにアレンジ

髪色はさまざまですが、やはり前髪作らない派が多い模様。そしてナチュラルなストレートが人気。日本人だしそりゃ黒髪やダークブラウンが圧倒的に多いですが、毛先だけに色を入れている子もよくいます。そういえば金髪や極端に明るいブラウンは全然いませんね~。みんなナチュラルなのが好きらしい。そしてよく低い位置でお団子にアレンジしています。頭のてっぺんじゃないのがポイント。

 

またまた長くなってしまいましたが、こんなかんじでしょうか。かなり普通のことを書いてしまった気もしますが(笑)とにかくナチュラルで動きやすいファッションってことです。それだけです。でもそれでもどこキマって見えるのは、サイズ感かなと思います。

トップスにしてもボトムスにしても、少しでも大きかったりするとどこかバランスが悪く見えます。ピタッとするときは思い切りピタッと、少しダボっとしたニットが気分なときは、狙ってそのサイズを着ていることが伝わるようなサイズ選びが大事かなと。

といっても難しいんですよね、これが。正しいサイズ選びをするには、試着しまくるにかぎりますね。試着ってとてもめんどくさいけども。でもそれでスタイルアップできるんなら、少し時間がかかっても試着する価値はありますよね。

あー、ショッピングって時間かかるなー。(結論)

海外女性YouTuberのMorning Routineあるある

こんにちはーニコルです。

今日は珍しくすっきりと起きることができました。家を出るまでに余裕があると、すがすがしいしなんだか得した気分になれちゃいますね!今日は大好きな海外ドラマも1話観れたし、好きな音楽を聴きながらルンルンで支度できました。とかいって通学中寝たんですけどね(笑)起き抜けのあのすっきり感は何だったんでしょうか。はてな

 

さて、今回は海外の女性YouTuberがこぞって投稿する、Morning Routineについて書きたいと思います。

みなさんは観たことありますか?

「起きてから家を出るまではこんな感じよ☆」っていう動画です。

学生のYouTuberだと、Morning Routine for schoolとかもあるし、YouTuberによっては季節別バージョンもあったりします。Get ready with meというのも、同じようなタイプの動画です。

f:id:NicoleS:20160520151542j:plain

出典:youtube.com

こんな感じで投稿されてます。この方のは観たことありません(え)

f:id:NicoleS:20160520151957j:plain

出典:youtube.com

この人は、私がよく観ているイギリス人YouTuber、Tanya Burrさん!お気に入りのYouTuberのひとりです。

 

Morningがあるなら、もちろんNight Routineもあります。Night Routineもおもしろいけど、私は朝の方がよく観てるかな。

私はインテリアなどお部屋のイメージの参考にこういう動画をたまに観ます。みんなお家をきれーいにしてるから、掃除や片付けをしなきゃっていうときのモチベーションにもなります。そりゃ世界中の人に汚い部屋をさらすわけにはいかないもんね(笑)

 

で、すでに20個くらいは観た気がするので、Mornig Routineにありがちなことを何個か挙げていこうと思います。誰の得にもならなさそうだけど(⌒▽⌒)

 

 1. 寝てる姿から始まる

     誰が撮ってるのか知らないけど、だいたいが起きる前から始まります。白くて明るいお部屋で朝を迎えたYouTuberたち。ここではすんなり起きる派と嫌々起きる派に分かれます。そして大多数がiPhoneのアラーム機能を使用。

 

2. 起きてからしばらくはベッドの中でSNSチェック

    これは必ずと言っていいほど出てきますね。起きてからすぐのSNSはYouTuberに限らず誰もがやってるんじゃないですかね。ニコールもやっちゃいますもん。この時間、結構好きだったりします。特に売れっ子YouTuberにとってSNSは大事ですもんね。チェックし終わるにも人一倍時間を使うに違いない。実際やるときは、寝落ちして携帯が顔に落ちてこないように気をつけてくださいね、かなり痛いです(笑)

 

3. ベットメイキングは欠かさない

     これも必ず出てくるシーンの一つです。朝起きてからすぐにベットメイキングとか偉〜いって思いながら観てます(笑)私も見習って起きてからすぐにやるように心がけてます。しかも海外のお部屋って、絶対にベッドの上にクッションがたくさんあるんですよね。枕プラス最低2個はありますよ。シーツとカバーを整えたあと、そのクッションたちをキレイに並べるのが彼女らの日課。

f:id:NicoleS:20160520161707j:plain

出典:Zoella | My Bedroom Snippets

これは大人気なイギリス人YouTuber、Zoe Suggさんという方のベッド。パンダちゃんのリボンと小さいクッションの色がマッチしていておしゃれ。

 

4. 甘いコーヒーを飲みがち

     ベットメイキングをし終わったらコーヒータイムへ。高そうな高機能コーヒーメーカーでコーヒー作る子もいるけど、よく見かけるのが、インスタントコーヒーみたいなパウダーをお湯に溶かすタイプのコーヒー。でっかいマグカップにコーヒーを作って、それにシナモンとかお砂糖とかミルクを投入。血糖値急上昇!紅茶や健康的なスムージー、レモンウォーターを飲む人たちも見かけます。

 

4. 携帯を片手に少量の朝ごはんをいただく

     そんな彼女たちの朝ごはんには、お手軽に作れるベーグルなどのパン、ヨーグルトやフルーツがよく出てきます。その中でも登場率が高いのは、ベリー系フルーツとグラノーラをトッピングしたヨーグルト(ギリシャヨーグルトかな)。

こんなの。

f:id:NicoleS:20160520152411p:plain

出典:jambajuice.com

イチゴをまな板でカットする姿はよく見られる光景です。

サラダパスタ的なものを食べてるYouTuberも見たことありますが、どのYouTuberも食べる量が少ない。少食なのかしら。ちっちゃなボウルにちょこんと入ってるだけなんです。こんなんでランチタイムまでもつのかしら、と心配してしまいます。そしてやはり現代っ子、朝食をとりながら再度SNSチェック。

 

5.洗顔ブラシを使いがち

     電動の洗顔ブラシ(下の画像みたいな)、あれ、なんかみんな持ってない?ってくらい見かけます。

f:id:NicoleS:20160520152512j:plain

出典:amazon.com

きっちり汚れが取れて良さそうと思う反面、洗いすぎちゃわないかなとも思います。でもあまりにもみんなが持ってるから、ちょっと欲しくなっちゃったり(単純)

 

6. シャワータイム、そしてドライシャンプーの登場率

     やっぱり朝シャワー派が多いですね。あちらの方はあまり髪を洗わないらしく、シャワーのあとのヘアセットの際には、ドライシャンプーを振りかけています。日本ではあまりポピュラーではありませんが、ドライシャンプーをすることによって臭うのも防げるし、髪も素晴らしくボリューミーに!こんなにボリュームが出るの!?と驚きでした。

f:id:NicoleS:20160520155008j:plain

出典:https://www.birchbox.com/

TanyaがGet ready with me(My Summer Morning Routine)で使ってたのは、こちら。

ORIBEというブランドのThick Dry Finishing Sprayです。お値段は40ドルほど。結構お高いのね、、 

7. ガチスッピン

     寝起きからメイクをするまで、ガチスッピンを見せてくれます。撮影だからって、ちょっと眉毛書いとくか〜というのはない模様。どんなに肌荒れしてても、コンシーラーで隠そうとかはないみたい。みんなスッピンとメイク後、結構違います。それもかわいいし好感持てますよね。そしてメイク後は、お決まりのキメポーズシーツが少々入ります。 まあ、こういう動画にかぎらず、ビューティー系のYouTuberは素顔をよくさらしていますね。普段マスカラにアイブロウのみというずぼらメイクのニコールでも、彼女たちの素晴らしいメイクテクはガン見してしまいます。

 

このくらいでしょうかね。無駄に長い記事になってしまいましたが、また何か思いついたら追加していきます。

日本と海外ではライフスタイルが違いますが、お部屋の雰囲気、朝食、メイクやヘアセットなど、参考になるところもわりとありますよ^^

私は朝起きたくない時にこういう動画を観ると、気分が上がり、自分もキレイでいようというモチベーションが上がります。

みなさんも彼女たちのアイデアを朝の日課に取り入れてみてはいかがでしょうか。

*しばらくしたら動画のURLも貼る予定です。興味ある方は、YouTubeでMorning routineと検索してみてみてくださいね(^O^)

 

蕁麻疹がでてしまった時は?塩風呂でデトックスしてみよう!

最近、蕁麻疹がたびたび現れます。

 
こんにちは、ニコルです。
 
蕁麻疹って何なんでしょうね!蚊に刺されたーカユいーと思っていたら、しばらくしたら消えてて、その時に蕁麻疹だと分かったり。
 
紛らわしいんだよヽ(´o`;
 
私に蕁麻疹ができる原因は、ほとんどがストレスかと思われます。
子どもの頃になったことは一回くらいで、大人になってできたのは、大学二年生のとき。
クリスマスが終わり、今年も終わりだな〜とバイトに遊びに大忙しだったころ。バイトも超絶忙しく、さらに恐くて美人なセンパイ(笑)と二人で働かなきゃいけませんでした。さらに当時の彼氏とは何だか疎遠で、とてもロンリーな心境。
身体はとても疲れていたのに、クリスマスパーティーやら忘年会やらで、アルコール摂取しまくりでした。
 
そんなある日、恐くて美人なセンパイにビクビクしながら働いていたとき、ふと自分の首を触ったんです。
 
ん?ぼこぼこしてる…?
 
トイレに行かせてもらって、恐る恐る鏡を見たとき、言葉が出ませんでした。
服を着てるから分からなかったけど、首全体がぼこぼこ!蕁麻疹でびっしりで、よく言われる、肌に多数の島ができているようとはまさにこのことでした。顔には出ていなかったのが幸い。
バイト先も閉店の時間だったので、早めに上がらせてもらい、緊急病院で点滴を打ってもらいました。身体全体が蕁麻疹の島だらけで、泣きたくなりました。
 
それから一週間以上、蕁麻疹は消えないまま。正確に言うと、消えては出てきての繰り返しですね。3日後くらいには顔にも出てきてしまい、楽しいはずの新年も思う存分楽しむことはできませんでした。もちろん大好きだったアルコールも控えましたよ〜。
 
で、ネットで色々調べたんです。蕁麻疹生活一週間もしたころ、ネットで素晴らしい情報を得ることができました。すごく前のことなので、どのサイトさんかは忘れてしまったのですが、蕁麻疹にはデトックスが大切だとのことです。
 
そこで私は効果的なデトックス方法を調べました。そこでヒットしたのが、塩風呂!!!
汗をたくさんかくために昔やったことがありましたが、完全に忘れていました。さらに調べたところ、塩風呂は蕁麻疹やアトピーにもいいとのこと。しかもお肌もなめらかになるんです!
 
使用するのは、天然の粗塩や岩塩のみ。食塩はNGだそう。
藁にもすがる思いで、スーパーで粗塩をゲットし、お風呂にたっぷりめに投入しました。ガッツリ一掴みくらいですかね。体の調子に量を変更するのもオッケーです。塩が溶けきってから入るのが良いのだそう。
そして、入浴のお供には、ミネラルウォーター。言うまでもないですが、水分補給は行ってくださいね(^_^)
入浴したあとは、ちゃんとシャワーで身体についている塩を流すのをお忘れなく!
 
というわけで、塩風呂で20分ほどじっくり汗をかきました。お風呂から上がったあと、少し症状がましになっているのを実感しました。そしてお肌がつるつる!それから一週間くらい塩風呂を実践していたら、あっという間に蕁麻疹が消えていました!イェーイ(^O^)
 
ただ時間とともに消えていったのか、塩風呂だけのおかげなのかはハッキリ言えませんが、塩風呂に入り始めたころから、症状の治りが早くなったことは確かです。
 
最近またポツポツと蕁麻疹くんが現れたのですが、すかさず塩風呂に入ってたっぷり汗をかきました!いい感じですよ^o^
塩には浄化作用もあるので、イヤなことがあった日とかにも、清める目的でお風呂に入れたりすることもあります。笑 
 
私は蕁麻疹に詳しいわけではないので、一概に誰にでも効くとは言い切れませんが、これは民間治療っていう感じで試す価値はアリだと思います(⌒▽⌒)
 
お肌が敏感な方は、お医者さんに相談してからやってみるといいかもしれませんね。
 
それではみなさん素敵な一日を。

 

海外女子に負けないくらいの魅力的なお尻を目指そう

今年に入ってヒップアップの大切さを実感いたしました。
 
こんにちは、ニコルです。
 
といいますのも、留学で短期間ステイしたイギリスでの出来事がきっかけだったんです。
 
英語力を高めるために語学学校に入ったはいいものの、学校にはイギリス人がいないんですね、先生以外。当たり前だけれども。
ホストファミリーと先生しか、話をするイギリス人がいない!せっかくイギリスに来たんだから、同世代のイギリス人の友達がほしい!と、イギリス生活3日目に思い悩み、国際交流ができそうなコミュニティなど、あらゆる手段を調べました。そんなこんなで、とてもいいタイミングで、あるイギリス人男性(D君としよう)と知り合うことができました。
 
D君とはお互いの言語を教え合うという目的で出会い、話も面白く気も合ったため、週に2.3回は遊ぶようになりました。
そうしているうちに、彼の友達とも知り合うことができ、どんどん交流の輪が広がっていきました。
D君と出会ってから二週間くらい経った頃、彼のお友達カップル(めちゃくちゃファンキー)のホームパーティーへ招かれたんです。
広いとは言えないフラットに、人がうじゃうじゃ。で、可愛いイギリス人の女の子たちもたくさん来ていました。 
パーティーも盛り上がってきたころ、D君の大親友J君と、そこにいたイギリス人の女の子の一人が二人でなにやら盛り上がってる様子。
私とD君はそんな二人を見て、いい感じ〜と、漂う恋の予感にきゃっきゃしてました。しかし彼女には他にお相手がいたらしく、J君と30分くらいお話したあと、そのお相手のところへ行ってしまったんです。
 
そしてそのあとD君とY君と3人で話してたとき、J君は少しがっかりした様子でした。私たちも、いい感じだったのにね〜とがっかり。で、そのときJ君が話してた女の子を見ながら、D君が言ったんです。
 
「彼女、すっげーいい尻してるじゃん!!」
 
( ゚д゚)
 
すっごく紳士的でそんなこと言わなさそうなD君の新たな一面を見た気がしました。しかも嬉しそうで、そのときのD君の表情が忘れられません。笑
そして横にいたJ君もうんうんと賛同。
 
そんなに?と思いしばらく彼女を観察してたのですが、確かに大きくて、ぱんっと張ってるようなお尻をしていました。
日本人から見ると、ややムチムチタイプ。彼女はブラックのレギンスパンツの様なものを履いていたんですが、それがやや食い込み気味でした。食い込み気味なのは置いといて、外国人男性が好きそうなお尻っていう感じでしたね。なんせその場にいた男性陣、みんな彼女のお尻を見て、「すげぇーーー」みたいな顔していましたからね。
 
 
パーティーのあと、どんなお尻だったっけ、と鏡で見てみたときには絶句。スキニーを履いてるときはそこまで気にならなかったけど、何も着てない状態だと、垂れ尻なのが丸わかり…。そしてボリュームが足りない。特にヨーロッパにいると、自分の体形が貧相に見えるんですよ。いてもたってもいられなくて、ネットで色々調べた結果、一番効くとさせてたのは、やはりスクワット。その日から私は自分のお尻を大きくぷりっとさせるために、スクワットを始めました。(単純)
 
もともと運動を長く続けるのが苦手なので、やったりやらなかったりはありましたが、以前と比べたら、その差は歴然!まだまだな感じはするけど、ボリュームも出てきたし、スクワットって素敵!
 
日本人のお尻って、平たくてパンケーキのようと言われているんですよね。堂々とジーンズやタイトスカートが履けるように、バストだけじゃなくヒップアップにも力を入れてみるのもいいかもしれません。お尻が垂れてると後ろ姿もカッコ悪いし、脚も短く見えてしまう。ボリュームのあるプリ尻になるべく、夏に向けてこれからも続けていかねば。
 
目指せ!世界基準の美尻!