読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

GIRL POWER BLOG

外国かぶれ気味ウーマンが書くブログ。ファッションや美容など、グローバルな視点(たぶん)でお届け。

海外女子に負けないくらいの魅力的なお尻を目指そう

今年に入ってヒップアップの大切さを実感いたしました。
 
こんにちは、ニコルです。
 
といいますのも、留学で短期間ステイしたイギリスでの出来事がきっかけだったんです。
 
英語力を高めるために語学学校に入ったはいいものの、学校にはイギリス人がいないんですね、先生以外。当たり前だけれども。
ホストファミリーと先生しか、話をするイギリス人がいない!せっかくイギリスに来たんだから、同世代のイギリス人の友達がほしい!と、イギリス生活3日目に思い悩み、国際交流ができそうなコミュニティなど、あらゆる手段を調べました。そんなこんなで、とてもいいタイミングで、あるイギリス人男性(D君としよう)と知り合うことができました。
 
D君とはお互いの言語を教え合うという目的で出会い、話も面白く気も合ったため、週に2.3回は遊ぶようになりました。
そうしているうちに、彼の友達とも知り合うことができ、どんどん交流の輪が広がっていきました。
D君と出会ってから二週間くらい経った頃、彼のお友達カップル(めちゃくちゃファンキー)のホームパーティーへ招かれたんです。
広いとは言えないフラットに、人がうじゃうじゃ。で、可愛いイギリス人の女の子たちもたくさん来ていました。 
パーティーも盛り上がってきたころ、D君の大親友J君と、そこにいたイギリス人の女の子の一人が二人でなにやら盛り上がってる様子。
私とD君はそんな二人を見て、いい感じ〜と、漂う恋の予感にきゃっきゃしてました。しかし彼女には他にお相手がいたらしく、J君と30分くらいお話したあと、そのお相手のところへ行ってしまったんです。
 
そしてそのあとD君とY君と3人で話してたとき、J君は少しがっかりした様子でした。私たちも、いい感じだったのにね〜とがっかり。で、そのときJ君が話してた女の子を見ながら、D君が言ったんです。
 
「彼女、すっげーいい尻してるじゃん!!」
 
( ゚д゚)
 
すっごく紳士的でそんなこと言わなさそうなD君の新たな一面を見た気がしました。しかも嬉しそうで、そのときのD君の表情が忘れられません。笑
そして横にいたJ君もうんうんと賛同。
 
そんなに?と思いしばらく彼女を観察してたのですが、確かに大きくて、ぱんっと張ってるようなお尻をしていました。
日本人から見ると、ややムチムチタイプ。彼女はブラックのレギンスパンツの様なものを履いていたんですが、それがやや食い込み気味でした。食い込み気味なのは置いといて、外国人男性が好きそうなお尻っていう感じでしたね。なんせその場にいた男性陣、みんな彼女のお尻を見て、「すげぇーーー」みたいな顔していましたからね。
 
 
パーティーのあと、どんなお尻だったっけ、と鏡で見てみたときには絶句。スキニーを履いてるときはそこまで気にならなかったけど、何も着てない状態だと、垂れ尻なのが丸わかり…。そしてボリュームが足りない。特にヨーロッパにいると、自分の体形が貧相に見えるんですよ。いてもたってもいられなくて、ネットで色々調べた結果、一番効くとさせてたのは、やはりスクワット。その日から私は自分のお尻を大きくぷりっとさせるために、スクワットを始めました。(単純)
 
もともと運動を長く続けるのが苦手なので、やったりやらなかったりはありましたが、以前と比べたら、その差は歴然!まだまだな感じはするけど、ボリュームも出てきたし、スクワットって素敵!
 
日本人のお尻って、平たくてパンケーキのようと言われているんですよね。堂々とジーンズやタイトスカートが履けるように、バストだけじゃなくヒップアップにも力を入れてみるのもいいかもしれません。お尻が垂れてると後ろ姿もカッコ悪いし、脚も短く見えてしまう。ボリュームのあるプリ尻になるべく、夏に向けてこれからも続けていかねば。
 
目指せ!世界基準の美尻!